研修案内

当科で卒後臨床研修をお考えの方へ

教授メッセージ

教授写真

当科における研修にはいくつかの特徴があります。まず一つは、様々な循環器疾患を診療できることです。心不全、虚血性心疾患、不整脈、弁膜症、大動脈疾患、肺高血圧症、成人先天性心疾患など常に多くの患者が入院しています。

さらに東大病院の特徴は、心臓移植の認定施設であるため、他の病院では診療できないような、重症心不全患者が多数入院していることです。CRT, ICDはもとより、補助人工心臓の植込みも多く、劇症型心筋症患者や心臓移植後の患者の診療も経験できます。循環器診療の特徴は、“治せる”ということですが、重症心不全の診療では、現在の医療の限界を感じることでしょう。

最後に当科では、大変多くの検査、治療を行なっています。心臓超音波検査、冠動脈形成術は大学附属病院としては、我が国トップの症例数を実施しており、他にも不整脈アブレーション、ペースメーカー植込みなど、多くの経験をつむことが可能です。エコーやCTなど、診断技術においても、専門の指導者がそろっており、充実した研修ができるものと思います。

循環器内科 教授
小室 一成

 

研修案内1
 

臨床研修

当科では、臨床研修1年目の場合は循環器内科病棟で、2年目の場合はCCUをメインとして研修をしていただいています。基本的には2ヶ月間の研修になることが多いようです。当科での臨床研修に関しては、(当科ではなく)東大病院総合研修センターが決定します。

当科での臨床研修に興味がある、希望がある医学生の方
→臨床研修の環境・内容については、東京大学医学部附属病院 総合研修センター主催の説明会や、病院見学会を、ご利用下さい。

参考) 2021年度 総合研修センター主催の説明会
医学生のための東大病院卒後臨床研修プログラム説明会

注意:当科の主催する病院見学は基本的に入局希望者(臨床研修医2年)を対象におこなわれるものであり(開催時期:5~7月)、研修先を決めるためのものではありません。東大病院で臨床研修をしていなくても当科に興味のある方は、臨床研修の2年目に当科の主催する病院見学や説明会にご参加いただければ、入局の相談、連携病院の紹介などをおこないますので、その時期に、当科主催の病院見学を「お問い合わせフォーム」(下記)から申し込んで下さい。

専門研修プログラム

当科では、当科入局を希望する臨床研修医を対象に、専門研修プログラムを提供しています。
将来、当科大学院入学(通例、卒業6年目が大学院の1年目)の希望があれば、臨床研修をどの病院でおこなっているかは問いません(ただし、東大病院で臨床研修をしていない臨床研修医の先生には当科の主催する説明会に参加していただき、面談させていただきます。「お問い合わせフォーム」(下記)でご連絡下さい)。

2021年度 研修プログラムとしては、次の2コースを主に考えていますが、①東大病院内科プログラムの当科への割り当て数は多くないため、②プログラムが多くなっています。卒業6年目が大学院生1年目(主に病棟研修)という点では同じです。2コースともにシーリング地域以外での一定期間以上の研修(地域貢献)が必要とされています。

① 内科・サブスペシャルティ 混合タイプ
東大プログラム(4年)で、専攻医の最初の3年間は連携病院で(地域研修を含む)、4年目を東京大学大学院に入学して更なる研修を行う。
② サブスペシャルティ重点研修タイプ
東大病院以外の基幹施設での3年プログラム修了後、4年目に東京大学大学院に入学して更なる専門研修を行う(専門研修の病院は問いません)

(参考)内科専門研修とサブスぺ専門研修の連動研修(平行研修)の概念図

日本専門医機構のお知らせ及び 日本内科学会「新しい内科専門医制度に向けて」をご確認下さい。

※専門医機構でも推奨されている通り、当科の研修プログラムをご希望される場合はあらかじめ研修内容や条件等について調整することが望まれます。

重要
よりよい専門研修を行う上でも必ず事前のご連絡をよろしくお願い致します。専門研修病院の多くは7〜8月中の見学会・面談を設定していることも多いので、5〜7月のご連絡をお願いします。東大病院で臨床研修をしていない臨床研修医の先生には当科の主催する病院見学や説明会に参加していただく関係上、7月末までには「お問い合わせフォーム」(下記)でご相談下さい。

 

大学院入学

当科では、基礎研究・臨床研究において、循環器内科の研究を目指す先生方の大学院入学を歓迎しています。当科の大学院では、1年目は病棟研修が主で、他病院では見られないような様々な循環器疾患を勉強していただきます。大学院の2年目から4年目は研究を中心として学位取得を目指します。

東大医学部の博士課程の募集要項をご参照の上、各自で申し込んで頂くことになります(締切:7月上旬頃)。ただし、当科にまだ入局していない方で次年度からの当科大学院入学を希望される方は、当科の主催する病院見学に参加していただき、入局案内をさせていただきます。6月末までには「お問い合わせフォーム」(下記)でご連絡下さい。

当科病院見学について

2021年度については、新型コロナウイルスの関係で、当科での病院施設内の見学会は開催未定ですが、感染リスクに十分配慮した上で臨床研究棟内での説明会と面談を予定したいと考えています(オンラインの可能性あり)。
当院の臨床研修についてではなく、当科の臨床内容についてのご紹介となります。
対象は、おもに、当科への入局(大学院入学を含む)を検討している臨床研修医や専攻医になります。
希望の方は、5〜7月に「お問い合わせフォーム」(下記)でご連絡下さい。

医学生の方々へ

当院では臨床研修医の勤務時間厳守を目指しており、当科見学者に、臨床研修医とお話しいただくことはできず、臨床研修の状況を見学していただくこともできません。また、当科での臨床研修に関しては、(当科ではなく)東大病院総合研修センターが決定します。
臨床研修の環境・内容については、東京大学医学部附属病院 総合研修センター主催の説明会や、病院見学会を、ご利用下さい。

 

武田 憲文(特任講師・人事部員)

 

IMG_7604

 

新型コロナウイルス感染症への対応で、現時点で当科主催での病院見学会は中止させていただいております。

お問い合わせフォーム

 

入局や専攻医研修に関するお問い合わせは、下記内容をご記載の上、
『utcardiovasc-tantou/at/umin.net』までご連絡ください。
 ※メールを送信いただく際には、e-mailアドレス中の「/at/」を「@」に置き換えてください。

 ①現在の所属先
 ②お名前
 ③お名前(ふりがな)
 ④メールアドレス
 ⑤電話番号
 ⑥お問い合わせ内容

   このページの先頭へ